ゴミ屋敷と精神疾患の関係性

● ゴミ屋敷、汚部屋の原因は精神疾患?

多くの家財やゴミ、不用品などが部屋中に溢れかえってしまった状況は、一般的に「ゴミ屋敷」「汚部屋」と呼ばれています。
当たり前のようにゴミを捨て、いらなくなったものを定期的に処分ができる人にとって、部屋がゴミ屋敷状態になってしまう方の気持ちを理解することは、なかなか難しい事だと思います。
中には、ゴミ屋敷状態になってしまうのは「精神疾患が関係しているのでは?」
と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際はそうとは言い切れません。
一般的な生活の中で、忙しかったり、片付けが面倒だったり、時間がなかったり、
誰しもあると思います。
そういった日々が積み重なり、徐々に、ゴミ屋敷・汚部屋になってしまうのです。
ゴミ屋敷、汚部屋では快適に生活する事が出来ず、過度なストレスがたまり、その結果、精神疾患を患ってしまうという事の方が多いのではないでしょうか?
ゴミ屋敷・汚部屋は放置していても解決する問題ではありません。
1日も早く解決をして、ストレスフリーな生活を取り戻す事が大切です。

● ゴミ屋敷、汚部屋は放置せずに解決を

ゴミ屋敷・汚部屋でお悩みの方には、「実は精神疾患なのかも・・・」と思われている方も多いかもしれません。
あまり深く考えずに「片付けが苦手」程度に思えば気持ちも楽かと思います。
深く思いつめてしまうと、本当に精神疾患になり、より悪い疾患になってしまいかねません。
しかし、ゴミ屋敷や汚部屋は、やはり普通の状態ではありません。
一人で解決しようとすると多大な労力や時間、ストレスが溜まり、より悪循環に陥ることも考えられます。
いち早く解決するには、専門業者への依頼がベストです。
今は多くの専門業者が存在しますが、私たちエコフレンドリーサービスは多くの片付け実績、長年の経験がございます。
ゴミ屋敷、汚部屋でお困りのときは、お気軽にご相談ください。