実家がゴミ屋敷になってしまった時の対処法

● 実家がゴミ屋敷に

一緒に住んでいた頃は、しっかりと片付けられていた実家が、ゴミ屋敷・汚部屋化していた、という方も多いのではないのでしょうか?
ゴミ屋敷化は、すぐに始まるわけではなく、老化と共に徐々に進行するために、ご自分ではあまり気づかずに、いつの間にか大変なことになっているというのが実情です。一旦そうなってしまうと、ご家族が実家から足が遠のき、どんどん悪化の一途をたどり、家族関係にまで影響を及ぼしてしまいます。
ご家族に指摘を受けても、体力の衰えや判断力の低下、プライドなどが邪魔をし、ご自分で片付けを始める方はごくわずかです。
どうしてもご家族のサポートが必要になってきます。

● ゴミ屋敷を解決するには

実際に実家の片付けを行うのはかなりの労力を使い、断念される方も多くいらっしゃいます。
土日や休日に片付けを行っても、ゴミ出しの日に日程が合わない、
遠方に住んでいて、片付け自体行うのが難しい、親が片付けを拒んでしまっている、などが原因です。
私たちが、一番の問題と考えているのが、ご両親達の頑固な抵抗です。
片付ければ快適な生活が待っているとわかっていても、お子さん達の説得を頑なに拒否される方々を多く目の当たりにしてきました。
しかし、高齢者のゴミ屋敷での生活は、多くの危険と問題をはらんでいます。
何かが起こってからでは、遅く面倒な事だらけです。
また、ゴミ屋敷状態の家やアパートは負の遺産です。
相続トラブルや大家さんとのトラブルの原因にもなり、持ち家を売りたくても売れず、昨今の空き家問題にもつながっています。
健康な今だからこそ、片付けを行う必要があるのです。