自宅がゴミ屋敷になってしまう理由

● ゴミ屋敷になってしまう生活スタイル

ゴミ屋敷になってしまう人の特徴は何でしょうか。
それは生活スタイルにあるかもしれません。
コンビニで頻繁に買い物をして、自宅で食事をされる方はゴミ屋敷になりがちだと思います。
コンビニで買い物を行う際、つい必要な物以外に余分なお菓子や飲み物、雑誌などを買ってしまいがちです。
必要でない物なので、そのままコンビニの袋に入れっぱなしで放置してしまい、結果そういった物が溜まりに溜まってゴミ屋敷化へと進んでいく事が考えられます。
また、コンビニで買い物したものはどうしてもコンビニの袋に入れてまとめがちですが、缶やペットボトル、雑誌など分別しないとゴミに出せないので、部屋の中に放置される形になります。
そこに勤務時間が不規則だったり、仕事が忙しくてゴミ出しの日時に出せなかったり、するとゴミ屋敷状態に陥ってしまいます。
では、同じ生活スタイルでも、ゴミ屋敷になってしまう人とならない人の違いは何でしょうか。
それはさほど大きな違いではないかもしれません。

● 自宅をゴミ屋敷にする人の性格

ゴミ屋敷になってしまう人の気持ちがわからない、という意見をよく聞きますが、長い間ゴミ屋敷に携わっている私にとって、ゴミ屋敷になってしまう人の気持ちはとても良くわかります。
何度も言いますが、ゴミ屋敷は一朝一夕でなることではありませんし、誰もゴミ屋敷になりたくてなっている訳ではありません。
普段の生活でちょっとだけ手が回らなかった結果、長い時間をかけてそうなってしまうのです。
ゴミ屋敷になってしまう性格というのは特別なものではなく、物欲や買い物欲が強く、そこに忙しかったり、時間がなかったり、少しだけ片付けを怠った結果がゴミ屋敷化につながっているだけの様な気がします。
ゴミ屋敷の部屋に住んでいるのは、確かにイメージのインパクトが強く、偏見を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、怠け癖は多くの人にありますよね。
ただ、その状況を放置するのは良くありません。
なってしまったものはしょうがありません。
出来るだけ早く解決へ一歩踏み出してはいかがでしょうか。
どんなお悩みでも構いません、お気軽にご相談ください。