ブログ

ブログ

【場所別掃除頻度まとめ】一人暮らし・共働き・家族向けの掃除ペースとは

玄関や浴室、リビングにキッチン、各部屋の掃除をよその家庭ではどうのようなベースで行っているのでしょう。できれば毎日掃除してキレイな状態を保ちたいものですが、仕事、家族の用事、子どもの用事など掃除をする時間がない人もいます。

 

子育て家庭や共働き家庭、ペットのいる家庭、夫婦や恋人同士の二人暮らしと家族構成もライフスタイルもそれぞれ違います。そこで今回は、一人暮らし、共働き、家族向けの適切な場所別掃除頻度をまとめてみました。

 

みんなの掃除頻度は?

 

一人暮らし世帯

 

一般的に平日は仕事をしており掃除をする時間が確保できいないことから、週に一度週末や休日にまとめて掃除をする人が多いようです。

女性の場合は、週に一度または、2〜3日は掃除機をかける、フロアモップやクイックルワイパーは小まめにかけるという人が多い傾向にあります。男性は何日に一回というより、週末にしっかり掃除をするタイプ、気が向いたら掃除をするタイプ、汚れが目立ってきたら掃除をするタイプ、そもそもしないタイプの4パターン分かれる傾向にあります。

 

忙しければ忙しいほど優先順位が下がってしまう掃除。しかし、仕事から疲れてホコリだらけの部屋に帰りたくないですよね。簡単な掃除でもいいので、2~3日に1回行い、週に1回ほど全体を掃除を行えばキレイな状態が保てます。

 

専業主婦(夫)のいる世帯

 

専業主婦(夫)のいる家庭は掃除の頻度も高い傾向にあります。特に子育て中の家庭はリビングで過ごす時間が多く掃除を小まめに行っている傾向にあります。掃除機をかけるのは週2〜3回程度、クイックワイパーや粘着クリーナー(コロコロ)は毎日という声も多く、子どもの食べこぼし、ホコリ、小さなゴミが気になるようです。

 

また、室内でペットを飼っている家庭の主婦(夫)の掃除頻度も高い傾向にあります。洋服やカーペットなどについてしまうペットの毛が気になり毎日掃除機をかけるという家庭も少なくありません。ペットの毛には粘着クリーナー(コロコロ)が大活躍してくれるのでおすすめです。

 

共働き世帯

 

共働き、恋人同士、夫婦二人世帯では、お互い毎日忙しくしていることが多く週末や休日にまとめて掃除をするという家庭が多いようです。他にもお互いトイレ掃除、お風呂掃除、ゴミ出しなどの役割を決める、ルンバやブラーバなどの自動ロボット掃除機を活用しているようです。

掃除の時間を確保する場合も時短を心がけている家庭が多く見られます。

 

場所別掃除は週に何回がベスト?

 

玄関

 

一人暮らし、共働きは月に1回専業主婦(夫)は週に1度玄関掃除を行いましょう。雨や雪の日は汚れが付着したまま帰宅し玄関に落とすことがほとんどです。落ちた汚れを一週間以上放置していると玄関床の黒ずみの原因になってしまいます。黒ずみ汚れは放置するとなかなか落ちない頑固な汚れに変化します。

 

黒ずみ汚れができた場合は、メラミンスポンジでこすり落としていきましょう。絞ったら少し水が垂れるくらいに濡らしこすります。浮いた汚れは雑巾で拭き取ってください。メラミンスポンジでも汚れが取れない場合は、重曹やセスキ炭酸ソーダを使います。黒ずみは酸性の汚れになるのでアルカリ性の性質をもつ重曹やセスキ炭酸ソーダが効果的です。

 

重曹水は水100mlに小さじ1杯の重曹、セスキ炭酸ソーダ水は水500mlに小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れ溶かしてください。スプレーボトルに入れ汚れに拭きかけメラミンスポンジでこすり落とします。浮いた汚れは雑巾で拭き取ってください。

※玄関タイルの材質によっては傷が入る・変色の可能性があるので注意してください。

 

【こちらも読まれています】
玄関の掃除はこれで解決!『住まいの顔』はいつも明るく清潔に

 

浴室

 

一人暮らし、共働き、専業主婦(夫)共に毎日しましょう。ですが、毎日浴室すべてを掃除をする必要はありません。毎日してほしいのは浴槽の掃除です。床、壁の掃除は一人暮らし・共働きは週に一度、専業主婦(夫)であれば2日に一度が適切な掃除頻度だと思われます。

 

排水口は一人暮らし、共働き、専業主婦(夫)共に長くても3〜4週間に一度は掃除しましょう。排水口に付着した汚れを放置していると、カビや細菌の温床になり悪臭を放ってしまいます。カビが浴室に広がってしまう可能性も高いので注意してください。

 

【こちらも読まれています】

  1. お風呂の排水口掃除!髪の毛・石鹸カス・皮脂のどろどろ汚れを一気に解決!

 

洗面所

 

洗顔、歯磨き、手洗いなどで毎日使用する洗面所ですが、汚れが目立ちにくく長時間居る場所ではないので、汚れを見落としやすい場所ともいえます。また、一人暮らし、共働き、子育て世帯など各家庭のライフスタイルで使用頻度も変わってきます。使う回数が多ければ多いほど汚れは溜まるもの。一人暮らし・共働き・世帯は二週間に一度、専業主婦(夫)は週に一度の掃除を行うことで衛生的に使用することができます。

 

ただし、水回りはカビが生えやすく水垢も付着しやすい箇所です。使うたびにちょこちょこ掃除するのがベスト! 汚れが気になったらすぐに拭く、絡まった髪の毛を取り除く、鏡を拭く、水滴を残さないように拭くなどしてキレイを保ちましょう。

 

トイレ

 

一人暮らし・共働きの場合は週に1度、専業主婦(夫)の場合は毎日掃除をするようにしましょう。トイレは家族全員が毎日何度も使用する場所です。それだけ汚れも溜まりやすいのですが、子育てで忙しくトイレ全体を毎日掃除する時間がないというケースもあるでしょう。その場合は便器を磨く程度でOK! それでも難しい場合はトイレ用のお掃除シートでさっと拭いておくだけでも良いです。

 

また、汚れを見つけたらすぐ掃除するようにしましょう。すぐ汚れを落とすだけでもキレイを保つことができます。みんなが気持ちよく使うためにも週に一度、便器、床、壁などを掃除してください。トイレマットの取り替えも忘れずにしましょう。トイレマットの理想的な洗濯頻度は週2~3回です。

 

【こちらも読まれています】

脱自己流!トイレ掃除の基本を知って臭いや汚れを取り除き気持ちのいい空間に

 

リビング

 

家族が集まるリビングにはソファー、テレビボート、テーブルなど大きな家具が配置されホコリやゴミが溜まりやすい場所です。一人暮らし・共働き世帯は簡単な掃除を週に2回ほど、しっかりした掃除を週に1度は行いましょう。専業主婦(夫)は週に2〜3回は掃除機をかけしっかり掃除しましょう。

 

子育て中の家庭は特にホコリや小さなゴミ、髪の毛などが気になるでしょう。しかし、掃除の時間を確保するのが難しい場合もあるでしょう。できれば、掃除機は週に1〜2回、子どもがお昼寝中にクイックルワイパーやフロアモップを毎日かけるようにしましょう。それでも時間がない場合は、粘着クリーナー(コロコロ)で絡め取っていきましょう。

 

掃除のタイミングで、クッション・布団カバーなども洗うようにしてください。ダニを発生させないために晴れた日には天日干しして清潔な状態を保ちましょう。天日干しが難しい場合は布団乾燥機などの使用をおすすめします。

 

【こちらも読まれています】
お掃除の基本知ってますか?上から下へ奥から手前で家の中をキレイに!

 

キッチン

 

一人暮らし・共働きと専業主婦(夫)のいる世帯ではキッチンの使用頻度は大きく変わってきます。自炊をまったくしないという家庭もあるのですが、少しでも自炊をしているのであれば週に一度は掃除をしてください。専業主婦(夫)の場合は毎日使用していることが多く、使うたびに油汚れを拭き取るなどの掃除をおすすめします。しっかりした掃除は二週間に一度行いましょう。

 

キッチンの油汚れは放置すると、ベタベタとこびり付き頑固な汚れになってしまいます。シンクの水垢汚れも白い鱗状になってしまい落とすにはかなりの労力が必要となるでしょう。カビは放置するとカビ胞子があちこちに付着する可能性が高く食中毒の危険性もあります。キッチンは食べ物を扱う場所なのでいつも衛生的に保ちたいですね。

 

【こちらも読まれています】
キッチンの排水口掃除!悪臭撃退ドロドロ汚れやぬめりをすっきりリセット

 

寝室・子供部屋

 

寝室や子供部屋はホコリが溜まりやすいので週に2〜3回は掃除機をかけ掃除をしていきましょう。また、1ヶ月に一度はベッドのマットレスをあげて風通しするようにしてください。マットレスは寝汗が染み込み湿気が溜まりやすい特徴があります。定期的に干さないと湿気が溜まり続けダニやカビが発生・繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

薄いマットレスは天日干し、ポケットコイル・ボンネルコイルなどの重いマットレスは立て掛けるだけでOKです。このとき扇風機などをかけて風を当てると効率的に乾かすことができます。

 

廊下・階段

 

廊下や階段は汚れているイメージがないのですが、ホコリは確実に溜まっています。2週間に一度は掃除機をかけ拭き掃除してください。時間がない場合はクイックルワイパーやフロアモップをかけてください。

 

ベランダ・窓

 

一人暮らし・共働き世帯は長くても半年に一度専業主婦(夫)は1ヶ月に1度はベランダ掃除を行いましょう。月に一度の掃除といっても目立つ汚れをササッと拭いてベランダを履く程度です。しっかりした掃除は半年に一度でOKです。

 

窓の汚れは外側と内側で汚れの種類が異なります。外側はホコリ、雨の跡、泥、排気ガス、花粉・黄砂など、内側はホコリ、手垢、油汚れ・タバコを吸うご家庭ではヤニが付着します。汚れ具合により掃除回数も変わってくるでしょう。タバコを吸うのであれば週に1度の拭き掃除を心がけましょう。

 

【こちらも読まれています】

  1. 窓・網戸・サッシ掃除の基本!仕上がりにも違いが出る手順に気をつけよう

 

【まとめ】

しっかりした掃除を毎日行うというのは一人暮らし、共働きはだけでなく専業主婦(夫)であっても負担ですよね。ちょっとしたコツさえ掴めば普段からキレイを維持することができるんですよ。それは日頃からながら掃除・ついで掃除の癖をつけることです。

 

テレビを見ながら粘着クリーナー(コロコロ)で周囲を掃除、歯を磨きながら洗面所の掃除をする、トイレに行ったついでに掃除をする、お風呂に入ったついでに排水口の髪の毛を取り除く、料理をしたついでの掃除するなどちょこっとした掃除の癖をつけると日頃の掃除もグッと楽になります。

 

掃除というのは忙しいと優先順位が下がりがちなものです。後回しにしてしまい汚れがこびりついた、頑固な汚れに変化して落とすのに苦労してしまうのです。今回、場所別掃除頻度をお届けしましたが、ご自身のライフスタイルに合った掃除でOKです。大切なのは汚れを放置しないこと。ながら掃除・ついで掃除を意識することで汚れを放置することもなくキレイを保つことができるのではないでしょうか。

年に一度はプロに任せて!

 

毎日の掃除がキレイな部屋作りの基本なのですが、現実的に難しいものです。汚れは溜めてないつもりが溜まっていた、忙しくてなかなか細かいところまで掃除が行き届かないという人も多いものです。年に一度プロに任せていえ中をピカピカにしませんか。

知識、経験豊富な掃除のプロ、エコフレンドリーにご依頼いただければどんなお悩みやご相談にも、ワンストップで親身にお手伝い致します。

  • エコフレンドリーサービスCM「ゴミ屋敷片付けに自信あり!」編
  • エコフレンドリーサービスCM「遺品管理に自信あり!」編
  • エコフレンドリーサービスtwitter
  • エコフレンドリーサービスfacebook
  • エコフレンドリーサービス各種クレジットカードのご利用
ブログ
ページの先頭へ