ブログ

ブログ

【基本的な冷蔵庫掃除】重曹やアルコールは使用NGって本当?!

先日、頂き物の焼き芋クリームブリュレを冷蔵庫に入れてたら、芋の蜜がなぜか冷蔵庫の棚にべったり付着しておりベタベタになってしまいました。もちろん掃除をしたのですが、その時、冷蔵庫の中が想像以上に汚れていることに気がつきました。

 

いつもはパッと開けて必要な物を取り出し、冷気が逃げないようにすぐ閉めてしまう冷蔵庫。肉や魚、野菜や飲み物、調味料などさまざまな物を保管している場所なので、野菜カス、食べ物の汁、シミで汚れニオイもつきやすい場所でもあります。

 

冷蔵庫の中の物は食材や調味料など口に入れるものばかりです。清潔な場所で保管したいのですが、汚れを放置しているとカビの発生やニオイが取れなくなってしまう可能性もあります。今回は、基本的な冷蔵庫掃除について調べてきたのでシェアしていきます。

冷蔵庫掃除に使用できないものとは

 

実際のところ、冷蔵庫ってどうお手入れしていいのか、どのくらいの頻度で掃除するのか、洗剤は何を使うのか分かりづらいですよね。冷蔵庫は家電製品なので洗剤はほとんど使えません。しかも、お掃除メディアで推奨されている重曹やアルコールも実は使用NGなのです。では、詳しく説明していくのでみていきましょう。

 

冷蔵庫掃除にNGな洗剤や掃除道具

 

・アルカリ性、弱アルカリ性の台所用洗剤(中性以外)

・ガラス用洗剤

・塩素系漂白剤

・みがき粉、クレンザー、研磨剤

・粉石けん

・ベンジン、シンナー、アルコール

・重曹

・クエン酸、お酢

・熱湯

・たわし、研磨スポンジ

・化学ぞうきん
出典:HITACHI

 

冷蔵庫には、さまざまな材質が使用されています。NGな洗剤や掃除道具を使用してしまうとドア、塗装面やプラスチック、ガラス面などを傷め変形の原因になるだけでなく、性能の劣化や寿命を縮めかねないので注意しましょう。

 

気をつけたい重曹とアルコール除菌

 

「冷蔵庫の掃除には重曹がいい」、「重曹スプレーを布に吹きかけ冷蔵庫の汚れを落とす」などお掃除メディアでよく登場していますが、HITACHI、Panasonicなどの各家電メーカは重曹・アルコールの使用を推奨していません。各メーカーが非推奨にしている洗剤には「アルカリ性」、「油性」、「研磨剤の入った洗剤」などの特徴があります。

 

重曹はアルカリ性の物質です。汚れを浮かせ油脂やたんぱく質を分解してくれる作用があり、粒子が大きく水に溶けにくいという性質で研磨剤としても使用できます。そもそもアルカリ性なので冷蔵庫には使用できず使用すると研磨剤で細かい傷を作ってしまう可能性があるので重曹の使用は控えてください。

 

また、アルコールも同じです。メディアでも最後はアルコールを含ませた布でサッと拭いて除菌! など言ってますが、各メーカーはアルコールの使用を推奨していません。掃除のあと、アルコールで冷蔵庫の中を除菌したい気持ちは分かるのですが、冷蔵庫の劣化、変色などを招く恐れがあるので使用しないでください。

 

また、分かりづらいのが化学ぞうきんです。化学ぞうきんって何?って思いませんか。化学ぞうきんとは、ゴミやホコリを吸着しやすい薬剤(油剤、界面活性剤、抗菌剤)を含浸させた紙や雑巾のことです。

 

大きく分けてクロスタイプとモップタイプがあります。水を使用することなく汚れが落とせ使い捨てとなります。今はダスキンなどレンタルできる化学ぞうきんも人気です。

 

基本は水拭き!使える洗剤は1種類のみ

 

冷蔵庫掃除の基本は水拭きです。固く絞った布で汚れを落としていきます。しかし、頑固な汚れはつきものですよね。水拭きしても落とせない場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄め布に含ませ汚れを落とします。頑固な汚れだと一度で落ちないかもしれないので同じ作業を何度か繰り返し汚れを落としていきましょう。

 

頻度別基本的な冷蔵庫掃除の仕方

 

冷蔵庫掃除の頻度って分かりづらいですよね。また、「冷蔵庫の掃除ってしてる? 頻度は?」なんて今更人に聞くのもなんだかって感じです。そこで、頻度ごとの基本的なお掃除方法を説明していくので参考にしてください。

 

週に一度の掃除はここ!

 

・製氷機の給水タンク、浄水フィルター

 

製氷機を頻繁に使用している人は週に1度(水道水で氷を作っている場合)掃除をしましょう。ミネラルウォータや浄水機などの水道水以外を使用し氷を作っている場合は、カビが発生しやすいので週に2、3度のお手入れすをおすすめします。掃除をしないままだと浄水フィルターが目詰まりしたり、水道水で氷を作っている場合、氷がカルキ臭くなる可能性があります。

 

給水タンクの掃除方法は、給水タンクの浄水フィルターなどのパーツを外しやわらかいスポンジで水洗いしてください。洗剤は使わないようにしましょう。浄水フィルターを洗ってもヌルヌルしている黒い汚れが取れない場合はカビが発生していると考えられます。この場合は買い替えすることをおすすめします。浄水フィルターの買い替えは4年に1回を目安にしてください。

 

・製氷おそうじ

 

製氷室の受け皿が取り外せる場合は取り外し水洗いしましょう。取り外せない場合は、水に濡らした布を固く絞り拭いてください。製氷そうじは、給水タンクと製氷室への水の通り道の掃除です。製氷おそうじという機能がついている冷蔵庫は給水タンクに水を入れたらボタンを押すだけ4分程度でおわります。

 

製氷おそうじ機能がない場合は、タンクからパイプ・製氷皿まで、気になる部分を洗浄・除菌してくれる製氷クリーナーなどを使用してはいかがでしょうか。給水タンクに製氷そうじクリーナー・水道水を入れセット、氷ができたら給水タンクをよく洗い、新しい水道水を給水タンクの半分程度まで入れて透明な氷ができるまで繰り返すだけです。

 

月に一度の掃除はここ!

 

・ドアの表面

 

布をぬるま湯で濡らしドアの表面を拭いていきます。拭き終わったら次は乾拭きして終了です。

 

・ドアパッキン

 

ドアパッキンの汚れは、変形、性能の劣化・故障を招くので月に一度は拭き掃除をしたい場所です。ドアと同じく布をぬるま湯で濡らし拭いていきましょう。

 

・受け汁部

 

受け汁に汚れた汁や水が溜まっているのニオイ・カビの発生・変形の原因になるので布をぬるま湯で濡らし拭いていきましょう。汚れをみつけた際はすぐ拭き掃除をすることをおすすめします。

 

3ヶ月に一度の掃除はここ!

 

・野菜室、冷蔵庫の棚、ポケット部分・冷凍庫

 

つまめるゴミを取り除き、取り外せるパーツを冷蔵庫から取り外す、布をぬるま湯で濡らし汚れを落としていきましょう。汚れが頑固な場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄め布に含ませ汚れを落とします。各パーツの取り外し方は、メーカによって違いがあるので冷蔵庫の取扱説明書を読んでください。

 

一年に1〜2回の掃除はここ!

 

・冷蔵庫全体・背面

 

まずは、冷蔵庫のコンセントを抜いて電源をオフ。(コンセントのホコリ掃除も忘れずに!)食材をすべて取り出し冷蔵を空っぽにします。取り外せる各パーツを取り外したら水洗いや布をぬるま湯で濡らし汚れを落としていきましょう。頑固な汚れには中性洗剤をぬるま湯で薄め布に含ませ拭いてください。

 

水拭きが終わったら乾拭きして終了です。冷凍庫も手早く掃除していきましょう。作業は冷蔵庫と同じ布をぬるま湯で濡らし汚れ落とす、頑固な汚れには中性洗剤、そして最後は乾拭きです。ドアの表面、ドアパッキン、受け汁部、も忘れずに拭いてください。

 

冷蔵庫の背面も掃除しましょう。普段、見ることがないと思いますが、背面にはホコリがたっぷり溜まっています。冷蔵庫の背面に汚れが溜まると、放熱効率が悪くなって電力を必要以上に使い経済的な打撃を受けることがあります。冷蔵庫を手前に動かしたら、背面のホコリを箒や掃除機などでやさしく取り除き乾拭きして終了です。

 

※蒸発皿は取り外し不可能なので、無理に引っ張らないよう注意。感電ややけどの恐れがあるため、機械室(蒸発皿周り)には絶対に手を触れないでください。

 

冷蔵庫をキレイに保つポイント

 

食べ物・飲み物を保管する冷蔵庫はいつも清潔に保ちたいですよね。そのためにはどうしたらいいのかポイントを説明します。

 

・詰め込みすぎない

 

冷蔵庫・冷凍庫に食材・調味料をぎゅうぎゅうに詰め込んでいませんか? 詰め込めば詰め込むほど、冷蔵庫の冷却効果が薄れて温度が上がってしまうので、電気代がかかってしまいます。

 

冷蔵庫にゆとりがあれば汚れを見つけやすく掃除もしやすいもの。詰め込んでしまうと、食材を取り出しにくく、うっかり食材を放置して腐敗させてしまう可能性もあるので、普段から冷蔵庫の中はスッキリ保ちどこに何があるのか分かりやすくしましょう。

 

・汚れはすぐ拭き取る

 

基本中の基本なのですが、汚れをみつけたらすぐ拭き取ることがキレイを保つ最大のポイントです。汚れを放置していると、雑菌、カビ、ニオイの原因になるだけでなく、上手く放熱ができず冷蔵庫に大きな負荷をかけてしまいます。これは冷蔵庫の寿命を縮めているようなもの。

 

「後で拭こう」と放置してしまうと、汚れが冷気で固まり落としにくくなるので、見つけたらウエットティッシュなどでサッと拭くことを意識しましょう。

 

・ジップロックなどの保存袋を活用

 

肉・魚・野菜から出る汁が冷蔵庫を汚さないようジップロックなどの保存袋を活用しましょう。汁が出てしまい冷蔵庫に付着すると、細菌が繁殖する原因となります。ジップロックなどの保存袋を活用し汁が冷蔵庫に付着しないようにしましょう。

 

収納アイテムの使用もおすすめです。100均の仕切りケース、保存容器などを使用し冷蔵・冷凍庫の中の整理整頓をしましょう。よく使用するものはチルド室の上1~2段、たまに使用するものは冷蔵庫の最上段など、使い忘れたくないものは目線の高さなど、置き場所を固定するのもおすすめです。

 

【まとめ】

 

冷蔵庫掃除の仕方いかがでしたか?

 

基本的な掃除の仕方を知るまで冷蔵庫掃除は重曹でしてました。良かれと思った自己流掃除が冷蔵庫の寿命を縮めかねないとは……・。基本的なことを知るって本当に大切ですね。

 

冷蔵庫は安い買い物ではありません。できるだけ長く使用したいですよね。そのためにも、基本的な掃除の仕方を覚え冷蔵庫をいつも清潔に保つように意識しましょう。

 

【おすすめ記事】
脱自己流!トイレ掃除の基本を知って臭いや汚れを取り除き気持ちのいい空間に

 

  • エコフレンドリーサービスCM「ゴミ屋敷片付けに自信あり!」編
  • エコフレンドリーサービスCM「遺品管理に自信あり!」編
  • エコフレンドリーサービスtwitter
  • エコフレンドリーサービスfacebook
  • エコフレンドリーサービス各種クレジットカードのご利用
ブログ
ページの先頭へ